だらだらブログ

なんかゴミです。

【オタステ】オタクステーション(2022年4月分)

 

 やっぱ2022年中の放送は実現しない気がしてきたわ……。

-----------------------

 アニメの話。

◎「サマータイムレンダ」
 原作読んでるので見る必要ないけどまあ一応。TVerの見逃し配信でしか見れないから途中で切りそうだけど。OP曲が好き。アニメも普通に出来は良い。

 今期マジで見るものないな。あとちょっと良さそうかもとか思ってもディズニープラスとかWOWOW限定とかだったりして見れなかったりすることが増えた。面倒だから全部アマプラに入れてくれ。

-----------------------

 音楽の話。

 音楽的には割と不作。マカロニえんぴつは収穫だったが、「星が泳ぐ」以外には気に入った曲は見つかってないし。


星が泳ぐ / マカロニえんぴつ


Scratch (with 稲葉浩志) / TK from 凛として時雨

-----------------------

 読書の話。

8点 冲方丁「マルドゥック・アノニマス7」(ハヤカワ文庫JA
いやー、面白い。そんなに大きな戦闘はない巻なんだけど、話が一気に動き出した感のある展開だった。マルドゥックシリーズといえばカジノのシーンが有名だけど、今回は緊張感のある法廷シーンがあったりして、今後この展開が続くなら同様の名シーンが生まれそう。まだまだ先のことにはなりそうだけど、はたしてハンターとはどういった決着を迎えるのか、私気になります。

6点 竹町「スパイ教室01 花園のリリィ」(富士見ファンタジア文庫
スパイもので人気らしいから読んでみたらめっちゃサクっと読めるものすごいラノベっぽいラノベだった。印象的なセリフを繰り返し使用する手法は上手いがまあ続きは読まなくていいかな。

9点 白鳥士郎りゅうおうのおしごと!16」(GA文庫
いやー、ちょっとこのラノベすごすぎるな。あまりにも熱い。巻ごとに当たりはずれはあったりするけど、今回は間違いなく当たりだった。サブキャラの扱いが上手いんだよな。そして今回は引きもすごい。藤井聡太が更新し続ける現実をさらに塗り替える形で終わった。現実とフィクションが競い合う感じが良いね。

7点 宮内悠介「かくして彼女は宴で語る 明治耽美派推理帖」(幻冬舎単行本)
明治の詩人たちがいわゆる蜘蛛の会形式で謎を推理しあう連作短編。登場人物や時代背景は実在の資料に基づいており、よく調べたなと感心。最後少し宮内らしいSF要素もありつつ、基本的には古典に忠実なオマージュといった感じだった。

8点 森博嗣「リアルの私はどこにいる?」(講談社タイガ
もう半ば森博嗣の宗教小説というか哲学小説となったこのシリーズだけど、今回は示唆に富んでいて面白かった。つまり、真賀田四季による人類補完計画ってことね。

8点 劉慈欣「三体Ⅲ 死神永生 上」(早川書房単行本)
これなー、めちゃくちゃ面白いんだけど面白い部分が全体の50%過ぎた後半あたりから急に来るから前半すごい退屈なんだよな。そのせいで読むのに半年くらいかかった気がする。ⅠもⅡもそんな感じだった気がするのでそういう構成が好きなんだろうけど微妙に人に勧めづらさあってもったいない。まあそもそもまだ下巻を読んでないんだけど。

8点 デイヴィッド・ウォルトン(押野慎吾訳)「天才感染症」(竹書房文庫)
女の子のおすすめ。南米で拡大した真菌が人類の敵となって世界の危機が訪れる、主人公の暗号学者がそれを突き止めるが……的な話。うろ覚えだけど昔読んだ「ジェノサイド」とかに近い構図だなと思った。終盤までかなり面白かったけどラストがあっさりすぎたのがちょっと残念。

 7冊。今月は頑張って読んだ。

-----------------------

  映画の話。

◎「プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章」
今さら見たけどこういう感じか。これ第1章単体だと特別編とかOVAみたいな感じで映画館で見てたらちょっとがっかりしてそうだったから後から見て良かったかもな。クオリティが低いとかじゃなくてスケールが映画レベルではなくて物足りない。第2章以降で話がどうなるか次第だが。

◎「プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章」
なるほどねー。途中でそうなんだろうなーっていうのは感づいたけど、これはなかなか面白い展開。でもこれなら第1章と第2章合わせて1本にして欲しかったな。まあ1時間くらいの方が現代の映画体験としては良いと思ってる派閥なのでそうなると2時間になっちゃうのは複雑だけど。

◎「ジョゼと虎と魚たち(アニメ版)」
一切の内臓とか骨を取って綺麗にお出しされたコンビニのサバみたいな。嫌いじゃないし手軽にピュアでエモだなとは思うけど、たぶん原作とか実写映画の良さはそこではないんだろうなと一抹の寂しさをどうしても感じてしまうという、そんな映画。

-----------------------

 ライブの話。

 さいたまスーパーアリーナで開催されたずとまよ(ずっと真夜中でいいのに。)のライブに行ってきた。曲は大体超好きなのでそれを生で聞けるという時点で無限に上方補正が入るのだが、それを差し引いても純粋な体験としては下の上くらいの評価だった。以下その理由を箇条書き。

・音のバランスがかなり悪かった気がする
ベースかバンマスの部分だかわからないけど、低音が響きすぎてちょっと不快寄りだった。ただこれは後述のマスクが原因の可能性もある。

・マスクを着けてのライブであることによる呼吸の不自由感
興奮したら息切れするし、それを見越してはしゃげないみたいな。正直音に集中できないので体験として70%減くらいしてる気がする。

・ボーカルの顔が見れないことによる没入感の減少
YouTube系アーティストだから仕方ないけど、坂本真綾水樹奈々UVERworldとかのライブに行った経験と比べると、パフォーマーが楽しんでることがちゃんと伝わらないとノリきれない部分はやっぱりあるよね。

 これらの経験を踏まえると、マスク外してもよくなるまでは正直ライブそのものに行かなくていいかなという感じ。

-----------------------

 ゲームの話。

 ◎「白昼夢の青写真」(Laplacian)
さくらくのオススメのビジュアルノベル(SF要素のあるギャルゲー)。小説、演劇、写真とクリエイターがテーマになっているのがまず琴線に触れるし、シナリオと雰囲気良すぎて夜中の3時に部屋の電気消して酒飲みながら読むのに最適なゲームすぎる。Case2まで終わったけど噛み締めながら独りで静かに泣いてた。あと声優の浅川悠さんがすごすぎる。それとたぶん意識してると思うけど、一章の中にもさらに区切りがいくつもあって現代人が毎日少しずつやるのにも向いてるゲームだなと思った。ネットでの評判もかなり良いっぽいので、5月はこれのクリアが目標になりそう。

-----------------------

 「困難は分割せよ」の格言にしたがってタスクを分割したらちょっと動きやすくなった。この調子で新しいことを始められる隙間を少しずつ作っていこう。

 

            ◇

 Today's Tune

 マカロニえんぴつ「星が泳ぐ」

https://www.youtube.com/watch?v=ZlIdbht29kc

【オタステ】オタクステーション(2022年3月分)

 

 放(ry

-----------------------

 アニメの話。

◎「86 -エイティシックス-」
 2021年秋クールのアニメだったけどラスト3話が製作間に合わなくて延期してたやつ。待った甲斐あってめっちゃクオリティ高かった。特に演出が神。「灰と幻想のグリムガル」に並ぶ激エモアニメだった。2クールは長いし終始暗い雰囲気で途中ちょっと退屈かもだけど、ラスト2話はたどり着く価値のあるカタルシスが得られるので興味を持った方がはぜひ。

◎「進撃の巨人 Final Season」
 86話の港での攻防も神回だった。ていうか原作的にここから神回しかないと思うけど大丈夫か???

◎「東京24区」
 設定と過去話が開示された9話はちょっと面白かったけど、それ踏まえてもあまり魅力的な話とは思えない。設定厨釣られクマーだったか……。

 4月からの2022年春アニメは……ぶっちゃけ見たいもの何もないね。「ブラック★★ロックシューター DAWN FALL」「TIGER&BUNNY2」あたりだけ一応チェックするか的な。「てさぐれ!部活もの」のダテコーの新作「其れ、則ちスケッチ。」も地上波やるらしいけど別に面白くなさそうだし……。

-----------------------

 音楽の話。

 音楽的にはmillennium paradeを聴いていた。


Fly with me / millennium parade


U / millennium parade


FAMILIA / millennium parade


2992 / millennium parade


アヴァン / Eve


退屈を再演しないで / Eve

-----------------------

 読書の話。

8点 Schuld「TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 5 ~ヘンダーソン氏の福音を~」(オーバーラップ文庫
Web版から新しく大幅に加筆修正した箇所だからか、筆者の文章レベルも上がっており、趣味丸出しのキャラや戦闘描写含めてなかなかに熱量のこもった一冊だった。ラノベは大分読まなくなったけどこのシリーズだけは(タイトル見て趣味に合いそうだなと思える人限定だが)文句なしに勧められる。

8点 不手折家「亡びの国の征服者5 ~魔王は世界を征服するようです~」(オーバーラップ文庫
4巻のラストで続きが気になりすぎて我慢できずにWebで原作の続きを全部読んでしまったため知らない話はほぼないが、やはり面白い部分は何度読んでも面白い。ここから1~2巻がクライマックスなので(続きがいつ出るかはわからないが)書籍化が楽しみ。

 2冊。起きてる間スマホがヘブバンに占拠されてて全然読書しないんだよな。

-----------------------

 ここ10年くらい雑に生活しすぎたので「生活を丁寧にする」をテーマにしようと思ったけど、忙しくなるとやっぱりどうしても雑になるなー……。

 

            ◇

 Today's Tune

 millennium parade「Fly with me」

https://www.youtube.com/watch?v=fuXZMQAD9vU

【オタステ】オタクステーション(2022年2月分)

 

 放送(ry

-----------------------

 アニメの話。

◎「東京24区」
 全然面白くなる気配がない。津田監督を信じて最後まで見るけど。

◎「進撃の巨人 Final Season」
 「2千年前の君から」神すぎた。地ならしシーンも楽しみ。

◎「鬼滅の刃 遊郭編」
 10話の後半パートはマジで絶対見るべき。現代アニメの最高峰レベルの作画でアクションが見れます。これはさすがに刀鍛冶の里編にも期待。

 ネトフリ攻殻2期が発表されてたね。総集編映画面白かったしあれだけのためにネトフリ入ってもいいな。

-----------------------

 音楽の話。

 音楽的にはまたしても無寄りの月だった。ヘブンバーンズレッド絡みの曲は全部神だけど。


残響散歌 / Aimer


魔法の歌 / PEOPLE 1


Burn My Soul / She is Legend


きみの横顔 / やなぎなぎ


Dance! Dance! Dance! / She is Legend


After You Sleep / rionos

-----------------------

 読書の話。

 0冊。スタック上には色々あるんだけど、悪ぃなヘブンバーンズレッドが時間食っちまった。次ァ5段を買うといい

-----------------------

 映画の話。

劇場版「SHIROBAKO」
 2020年の映画だが今さら見た。最初の絶望スタートが劇場版「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」を思わせたけど、徐々に仲間が結集していく熱いノリもやっぱりナデシコだった。絶対見るべき神映画……とかではないけど、SHIROBAKO好きに捧げる心温まる人生賛歌という感じだった。。

-----------------------

 ゲームの話。

・ヘブンバーンズレッド
 基本的にスマホゲーはやらない人間なのだが(といってPCゲーやハード系もほぼゲーム実況で完結してしまってMTGアリーナとMagic Onlineしかやってないが)、さすがに麻枝准の新作と聞いてはスマホゲーといえど触らざるをえない。で触った結果ドハマリしてしまった。シナリオと音楽良すぎ、ゲーム部分はダンジョン探索が少しダルいが育成がそこまでストレスにならないよううまく作られてる。ガチャはめちゃくちゃ渋いが微課金で割り切れば問題なし。総合的に、Keyのゲーム(というか麻枝准)が好きなら触るべき、そうじゃないならお呼びじゃない感じかな。

-----------------------

 ちなみにヘブバンのせいで神河にも全く触れてない。ドラフトはまたあんまり好みの環境じゃなさそうなのがなー……。

 

            ◇

 Today's Tune

 rionos「After You Sleep」

https://www.youtube.com/watch?v=DLjvlEA1Kkw

【オタステ】オタクステーション(2022年1月分)

 

 あけおめことよろです。

-----------------------

 アニメの話。

◎「東京24区」
 敵っぽいやつが出てきて話が動いたけど特に哲学とか見えないのでまだよくわからず。毎話説明くさいというか、妙なテンポの悪さがあるんだよな。あんま面白い方向に着地しない気配があるがはたして……?

◎「進撃の巨人 Final Season」
 作画良くて迫力ある。さすがに分割しただけあるな。あとは地ならしが見どころなので楽しみ。

◎「鬼滅の刃 遊郭編」
 作画すごすぎる。こんなん見せられたらもう並大抵のバトルアニメでは満足できなくなっちゃうよ。

 なんだかんだ全然アニメ見てないや。「その着せ替え人形は恋をする」はクオリティ高いらしいけどマンガあるならマンガ読むしなー。「明日ちゃんのセーラー服」もクオリティ高いらしいがハイパーフェチ向けの無であることは知ってるし。評判良いらしい「平家物語」くらいかな、あとで見そうなのは。

-----------------------

 音楽の話。

 音楽的には無寄りの月だった。


裸の勇者 / Vaundy


My song / 角巻わため

-----------------------

 読書の話。

6点 佐藤究「サージウスの死神」(講談社文庫)
 「テスカトリポカ」「QJKJQ」の作者のギャンブル×幻想小説みたいなの。「この小説には何かがある」と思わせる迫力は確かにあるのだが、しかしあまりにもプロット的な盛り上がりがなさすぎた。一人の男が破滅に向かって落ちていく様をただ延々と読み続けるみたいな。

6点 小林湖底「少女願うに、この世界は壊すべき ~桃源郷崩落~」(電撃文庫
 めちゃめちゃに設定盛り込んだSF要素のあるファンタジーラノベ離れした筆力は感じるが、ちょっと盛りすぎててさすがに消化不良だった。

8点 村上世彰「生涯投資家」(文春文庫)
 ライブドア事件で話題となった村上ファンドの村上氏による自伝的な本。語り口は論理的だし、考え方も非常に首尾一貫していてわかりやすい。歴史的大事件の資料としても参考になる。もちろん全部鵜呑みにするわけではないが、婚姻数という絶対的な要因を抜きにして経済活動のみで生産性向上による日本再生を目指すなら彼のような考え方は不可欠だろうなと感じた。

8点 佐藤究「ANK:a mirroring ape」(講談社文庫)
 チンパンジー研究によって人類の進化の秘密を解き明かそうとする主人公、だが事故によって京都全体を暴動に巻き込む恐るべき事態に発展してしまう……という現代を舞台にしたSF小説。文字にしたときの荒唐無稽さとは裏腹に、SF設定にはしっかりとした説得力がある。それが登場人物たちのトラウマと絡み合い、この小説の一面としてのパニックホラー要素の完成度を高めている。「テスカトリポカ」に劣らない傑作。

 4冊。佐藤究はマジですごいな。サージウス以外は読んでおいて損はない作家。

-----------------------

 Q.放送はいつ始まるんですか??? A.ちょっと部屋の掃除で忙しくて……一旦6年分のゴミを捨ててからかと……。

 

            ◇

 Today's Tune

 Vaundy「裸の勇者」

https://www.youtube.com/watch?v=FT0GKCuSaW0

【オタステ】オタクステーション(2021年12月分)

 

 2021年終わるの早すぎな。

-----------------------

 アニメの話。

◎「逆転世界ノ電池少女」
 一番まともなアニメだった。作画的には労力足りなかったのか、止め絵+セリフの掛け合いで頑張って誤魔化してるシーンが目立ったけど、下手に作画崩壊するよりは好印象だった。話の筋も綺麗だし、終盤もロボットアニメらしい熱さ。「王道をパロりまくってアニメの原点に立ち返ることでアニメ文化の存在意義を問う」みたいなメタ的なテーマ性だったけど、きっちりやりきってくれた。敢闘賞を送りたい。

◎「takt op.Destiny」
 うん、まあ話の内容としては気持ちの良い無でした。ただ作画が良すぎて作画資料として後世に残りそう。

◎「無職転生異世界行ったら本気だす~ 第2クール」
 ちょうど良いところで終わったね。原作読んだけど21話と22話の怒涛の展開はやっぱりすごい。続きもぜひ作って欲しい。

◎「86-エイティシックス- 第2クール」
 良いところで3月延期て……まあクオリティ高すぎたからしょうがない。話としては良いところを何も見てないので評価は保留。今のところ2期は作画と音楽のクオリティ以外はそんなに面白くはない。

 2021年のアニメ総括としては……正直「これは絶対見ろ!!!」って言えるほどの突き抜けた良作はなかったかも?「ワンダーエッグ・プライオリティ」が一番惜しかったかな。あとはラスト3話を忘れれば「Vivy -Fluorite Eye's Song-」もまあまあ良かった。ただ総合的には「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」が一番丸そう (1/3追記:あとから思い出したけど「オッドタクシー」があったわ。どう考えてもこれが優勝でした)。

 2022年冬アニメに関しては、続編系である「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」「進撃の巨人 The Final Season Part 2」「魔法科高校の劣等生 追憶編」の他は「永遠の831」「時光代理人 -LINK CLICK-」「東京24区」あたりが気になっているので1話は見るかなというところ。どれか1個でも当たるといいな。

-----------------------

 音楽の話。

 音楽的にはバランスの良い月だった。


Yona Yona Journey / TAKU INOUE & Mori Calliope


ちきゅう大爆発 / P丸様。


藍才 / Eve


Reverse-Rebirth / 鈴木愛奈

 2021年の音楽総括としてはYouTubeアーティスト強しといったところ。Vtuberも含めて、才能はYouTubeに集まっている。ただ巨大資本の映画曲とかはやっぱりすごいなと感じる。ベストソングは以下の5つ。ただ他にも良曲とはたくさん出会えた。


閃光 / [Alexandros]


Cry Baby / Official髭男dism


しわあわせ / Vaundy


Sing My Pleasure / ヴィヴィ(Vo.八木海莉)


私たちはもう舞台の上 / スタァライト九九組

-----------------------

 読書の話。

7点 白鳥士郎りゅうおうのおしごと!15.5」(GA文庫
 あいちゃんの成長話的なプチ番外編。電子書籍限定でボリュームはかなり薄め。本編の満足度を上げたい人向け。

6点 両生類かえる「海鳥東月のでたらめな事情」(MF文庫J
 めちゃめちゃに劣化西尾維新だった。それ以上でも以下でもない。

 2冊。買っただけで読めてない本が30冊くらいある。なかなか読書に時間取ろうってならないんだよな。

1月 5冊
2月 3冊
3月 5冊
4月 2冊
5月 2冊
6月 2冊
7月 9冊
8月 0冊
9月 9冊
10月 1冊
11月 2冊
12月 2冊

 42冊。とにかく評判とかが入ってこないし、うっかり買っても読むのに時間がかかるしで、小説は現代人の時間消費感覚と合ってないコンテンツだなぁと感じる。こうして文章が動画に負けていくのか……。

2011年 101冊
2012年 104冊
2013年 71冊
2014年 52冊
2015年 64冊
2016年 68冊
2017年 56冊
2018年 31冊
2019年 58冊
2020年 58冊
2021年 42冊

 マンガをカウントしたらやばい量になりそうだが、しわ寄せを受けて小説は少なめ。今年のベストリードは強いてあげれば無職転生 -異世界行ったら本気出す-」「テスカトリポカ」の2つかな。ただ無職転生クソ長いWeb小説を全部読んでの感想だし、テスカトリポカも9点はないかなという感じ。2022年は「これだ!」っていう一冊に巡り合えますように。

-----------------------

 映画の話。

 過去作とかもちょいちょい見たけど、結論としては「劇場版 少女歌劇レヴュースタァライト」を見ろ、の一言に尽きる。「まどマギ」「君の名は」クラスの衝撃を受けた。TV版見てない人はTV版からね。日本国民の義務です。

-----------------------

 「というわけで今年もお世話になりました。2021年はそろそろ生放送でもするか……。」って2020年のまとめに書いてあったんだけど、生放送始まってないな???どういうこと???🤔🤔🤔

 

            ◇

 Today's Tune

 TAKU INOUE & Mori Calliope「Yona Yona Journey」

https://www.youtube.com/watch?v=YO1V9fn7zYo

【オタステ】オタクステーション(2021年11月分)

 

 nosh始めたけど楽でなかなか良い。

-----------------------

 アニメの話。

◎「逆転世界ノ電池少女」
 キャラやロボ登場ごとにOPED微妙に映像変わるの本当に丁寧。作画では他のアニメに負けてるけど、演出・脚本の総合点で今期一番オススメ。ただジャンル的に楽しめる人と楽しめない人がいそうなのは残念だが。

◎「takt op.Destiny」
 相変わらず話の中身は何もないんだけど作画がひたすら良すぎてずっと見ていられる。中身がないのがちょうど良いっていう稀有なアニメ。実質日常アニメみたいな楽しみ方してる。

◎「無職転生異世界行ったら本気だす~ 第2クール」
 クオリティ高止まりで安定してる。音楽も良いし作画も良い。次がターニングポイント2なので楽しみ。

◎「86-エイティシックス- 第2クール」
 話の進みが遅いのが気になるけどアニメ自体のクオリティは高いので見ていられる。

◎「サクガン」
 4話まで見たけど話の筋が見えないのと特に面白そうな展開にならなさそうなので切りました。

 冬アニメはジョジョと進撃くらい?また寂しいクールに逆戻りしそうだな。

-----------------------

 音楽の話。

 音楽的にはあまり収穫のない月だった。


Fever Dreamer / Mia REGINA


天球、彗星は夜を跨いで / 星街すいせい

-----------------------

 読書の話。

8点 有象利路「君が、仲間を殺した数Ⅱ -魔塔に挑む者たちの痕-」(電撃文庫
 一巻が割と面白かったから二巻も読んでみたけど、主人公変わってるし新キャラはあからさまだしで序盤萎えて読み終わるのに時間かかった。けどダークな雰囲気と終盤のエモさが一巻同様すごくて中盤からは止まらず。一巻二巻合わせて、久しぶりにちゃんと面白いラノベだったな。続きはなさそうだが作者の名前は憶えておこう。

8点 十三不塔「ヴィンダウス・エンジン」(ハヤカワ文庫JA
 第8回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作。めっちゃ綺麗にまとまってるすごい真っ当にSFらしいSFで、惜しむらくは印象的なシーンとか示唆に富むエモいセリフとかが特段見当たらない点くらい。まあでもエンタメ力と読みやすさのバランスって大事だよねって思うので、その点では特に不満はない。

 2冊。買うだけ買って読んでないラノベが大量に積まれてしまった。

-----------------------

 映画の話。

攻殻機動隊 SAC_2045
 期間限定で上映してた、Netflixでやってたやつの総集編らしい映画。ネトフリに加入してないので見てなかったけど、正直久しぶりに攻殻らしい攻殻で面白かった。終わり方が海外ドラマあるあるなシーズン1終了シーズン2に続く的なヒキだったことだけがもったいない。続きが出たら普通に見たい。帰ってからテンション上がっちゃって「イノセンス」見直しちゃった。

-----------------------

 え、ていうか一年経つの早すぎない……?

 

            ◇

 Today's Tune

 Mia REGINA「Fever Dreamer」

https://www.youtube.com/watch?v=CkD3hycO-94

【オタステ】オタクステーション(2021年10月分)

 

 月頭にスマホなくして終わってました。→一週間で(画面バキバキの状態で)見つかって意外と見つかるんだなと思った。まあその連絡来た日には既に新しいスマホ買って届いてたんだけど。

-----------------------

 アニメの話。

◎「逆転世界ノ電池少女」
 すごい、古き良きアニメのノリを完璧に再現したSF熱血ラブコメロボアニメ。恋愛じゃなくてSFロボアクションな「中二病でも恋がしたい!」的な。テンポと緊迫感が少し足りないけどこういうおバカ熱血は嫌いじゃないよ。にしても、こんなまとまりのなさそうなテーマなのに構成・演出が地味に上手くてビックリする。あとファイルーズあいが無闇やたらと可愛い。

◎「takt op.Destiny」
 これめちゃめちゃ作画の良い「ギルティクラウン」やん!中二病強すぎアクションで中身なさすぎる感は否めないが作画が良いので眼に良い。

◎「サクガン」
 親子が重機でスチームパンク的なファンタジーSF世界を冒険するロボアクション。クオリティ高いし滑り出しはなかなか面白そう。

◎「無職転生異世界行ったら本気だす~ 第2クール」
 クオリティが相変わらず高くて満足。原作は最後まで読んでるんで色んなシーンが動いて見れるのが楽しみです。

◎「86-エイティシックス- 第2クール」
 へぇ、話がこう続くんだっていう。原作読んでないから新鮮に見ていられるね。あとこれもアニメのクオリティめっちゃ高くて安心して見れる。

 このクール、夏アニメは一体なんだったんってくらい平均的なクオリティが高くて見る物無限にあるが?続きが楽しみなアニメが5つも見れたら満足です。

-----------------------

 音楽の話。

 定期的に来る電波ソング寄りの月だった。


アルケミラ / リーガルリリー


GHOST / 星街すいせい


チューリングラブ feat.Sou / ナナヲアカリ


シル・ヴ・プレジデント / P丸様。

-----------------------

 読書の話。

7点 森博嗣「歌の終わりは海」(講談社ノベルス
 前回の「馬鹿と嘘の弓」の衝撃に比べたら大分静かな小説。テーマがテーマなのでやむをえないか。

 1冊。ちょいちょい読み進めてるのはあるけど。「QJKJQ」「テスカトリポカ」でハマった佐藤究の「サージウスの死神」はまだ序盤だが面白そうな気配。

-----------------------

 映画は仕事が忙しくて見てる余裕がなかった。にしても、1年は早いなー。

 

            ◇

 Today's Tune

 リーガルリリー「アルケミラ」

https://www.youtube.com/watch?v=C2DFlAT0Nk0